「絶対にやってやる!負けてたまるか!」東京ダービー出場を控える椋原健太を奮い立たせた城福浩監督の言葉とは?|若き青赤戦士の日記

FC東京U-18出身者で現在はトップチームで活躍する椋原健太選手がFC東京の公式ブログ?「若き青赤戦士の日記」で記事を更新しました。

長友佑都選手が不在でも椋原健太選手がいる!

それを示した先日の東京ダービー。椋原健太選手は相手の中心選手であるフッキ選手を止める大活躍をしました。

東京ダービーに挑む椋原健太選手の心情、トップチームの城福浩監督からかけられた言葉、そしてフッキの印象などが語られています。ぜひ本記事で読んでみてください!

こんにちは!椋原健太です。前回の日記では、メンバーに入り、出場は出来なかったけれど、なんとか今度は出場したい!と書いたのですが、ついに先日のヴェルディ戦で出場してしまいました!今回の日記では、その前日、そして当日の自分のドキドキっぷりについて書きたいと思います。

正直言って、自分のプロ初戦がヴェルディとの試合になるとは、思ってもみませんでした。中学生の頃からFC東京で育った僕は、ヴェルディだけには絶対に負けられないし、負けたくない!と、いつも強い気持ちで戦ってきました。
なので、今回の試合も、絶対に負けたくない!と強い気持ちで臨みました。けれど、まだまだプレーも精神面も未熟な自分が本当に出場していいのかな?と悩んだりしました。中学生の頃から、ヴェルディとたくさん試合をしてきましたが、いざプロになってからの、試合は物凄いプレッシャーに襲われました。。。

しかし、色々な先輩方に、これでもか!これでもか!とカラかってもらえたお陰で、どうにかリラックスし、緊張がほぐれたかなと思います。
そして、なんと言っても試合前のホテルでのミーティングで、城福さんに言われた言葉を聞き、やってやろう!と強く、強く思いました。
城福さんに言われた内容は・・・ひとつだけ、言われた事を教えます。。。
「健太!お前には1対1の強さがある!だから、試合に出られるんだぞ!」自分の中で、何かが弾け、絶対にやってやる!負けてたまるか!とその言葉のお陰で、程よい緊張感の中、試合に臨む事ができました。
試合中の事は、なんだかいっぱい、いっぱいで、正直言ってあまり覚えていません・・・ただ、ただ、フッキが怖かったことぐらいしか。

しかし、本当に勝てて良かった!!プロデビュー戦が、3ー0の勝利!!忘れられないデビュー戦となりました。ただ、これに満足せず、もっと試合に出れるように、より一層努力していきたいです。

明日は、またまたヴェルディとの対戦です!!ぜったいに負けられないし、負けたくない!選手・スタッフ一同全力で頑張ります!!ファンの皆さんも熱く、全力でご声援よろしくお願いします!!絶対に勝ち点3!!

引用元:若き青赤戦士の日記
「出ちゃいました!!」・・・椋原健太
https://www.fctokyo.co.jp/diary/date/2008/06/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA