柴田峡が松本山雅FCのトップチームコーチから退任?2016年はどうなる?

FC東京U-18の初代監督で、現在は松本山雅FCのトップチームコーチを務めている柴田峡さんがトップチームの指導から外れると信毎webが報じています。

信毎webによると、松本山雅FCは来年もコーチ1人態勢を継続する方針で、そこに田坂和昭さんが就任するため、現コーチの柴田峡さんは退任するようです。

 来季はJ2に降格する松本山雅FCのコーチに、同じく来季J2に降格する清水の田坂和昭・前監督(44)が就任することが15日、分かった。コーチ1人態勢は維持する方針で、柴田峡コーチ(50)はトップチームの指導から外れる。

 本間康貴GKコーチ(32)は、来季は松本山雅ユースアカデミー(育成組織)の指導に当たる見通し。退任が決まっている貝崎佳祐テクニカルコーチ(28)を含め、今季まで3年連続で同じ顔ぶれだったトップチームの指導陣の半数超が入れ替わることになりそうだ。

引用元:信毎web
山雅のコーチに田坂氏就任へ 清水の前監督
https://www.shinmai.co.jp/soccer/2015/12/post-1592.html

さらっと1文で書かれており何とも言えませんが、「トップチームの指導から外れる」とあるため、松本山雅FCには残留するのでしょうか?

柴田峡さんは2011年から松本山雅FCのトップチームコーチとして活動されています。引き続きトップチームにて別名義のコーチング活動となるのか、もしくは下部組織に活動の場を移すのか。公式発表を待ちましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA