久保建英、小林幹のゴールで久々の市船戦勝利!|vs 市立船橋高校 2017プレミアリーグEAST 第3節

2017年4月23日(日)  味の素スタジアム 西競技場

FC東京U-18 2-1 市立船橋高校

 

高円宮杯U-18サッカーリーグ2017 プレミアリーグ EAST 第3節。

前節、浦和レッズユース相手に今季初勝利を飾ったFC東京U-18。

 

今節は、2013年以来勝てていない市立船橋高校が相手です。

キャプテンマークを巻くのはオカニーこと岡庭愁人選手。


<スターティングメンバー>
GK高瀬和楠
DF岡庭愁人 篠原新汰 長谷川光基 坂口祥尉
MF平川怜 品田愛斗 小林真鷹 小林幹
FW久保建英 原大智

<リザーブ>
GK大本竜司
DF草住晃之介
MF横山塁 杉山伶央 吹野竜司
FW今村涼一 吉田和拓

FC東京U-23の試合が無いため久保建英選手、平川怜選手、小林幹選手などJ3招集組も出場しました。

フルメンバーで挑める数少ない試合。特に久保建英選手はJ3に専念するでしょうから・・ね。


久保建英、小林幹のゴールでリードして終えた前半

久保建英選手が左足のシュートで先制点を奪い、FC東京U-18が21分先制に成功。

しかし、市立船橋高校はFC東京U-15むさし出身・杉山弾斗選手のクロス→郡司篤也選手がヘディングを決めて同点に。

FC東京U-18守備陣に集中力を感じられなかった中での失点に嫌な雰囲気が漂うも、34分にカウンターから小林幹選手がゴールを決めて勝ち越しに成功。2-1でリードして前半を終えました。

悪いなりに勝ちとった勝点3

後半は互いに荒削りな内容。品田愛斗選手のバー直撃シュートなどあったもののスコアは動かず2-1で勝利。

FC東京U-23組が合流しても劇的に変化しないサッカーの難しさを改めて感じた試合でした。

 

しかし、市立船橋高校からは4年ぶりと久々の勝利。

矢島輝一選手の2ゴールと佐々木渉選手のゴールで勝利した以来・・のはず。

悪いなりに勝点3を獲得したことを前向きにとらえて次節に挑みましょう。

 

この時期はどこもチーム作りに難しいとは思いますが、試合に勝ちながら課題解決できる強さをもつ集団になってほしいと思うわけです、はい。

次節の対戦相手は大宮アルディージャユース

プレミアリーグEAST 第4節の対戦相手は大宮アルディージャユース。

昨年プレミアリーグEASTで2試合対戦し、1勝1分という成績でした。

 

大宮アルディージャユースはここまで1分2敗。

いまだリーグ戦未勝利の相手ですが良い選手が揃っており油断はできません。

厳しい試合が続きますがリーグ戦連勝を狙っていきたいところです。

■Next game

4月30日(日) 11:00 大宮アルディージャユース vs FC東京U-18 @NTT東日本志木総合グランド