小林幹、原大智のゴールもドロー決着|vs 柏レイソルU-18 2017プレミアリーグEAST 第5節

2017年5月7日(日)  FC東京小平グランド(東京ガス武蔵野苑多目的グランド)

FC東京U-18 2-2 柏レイソルU-18

 

高円宮杯U-18サッカーリーグ2017 プレミアリーグ EAST 第5節。

柏レイソルU-18との試合でしたが2得点を守り切れず勝点1に留まりました。


<スターティングメンバー>
GK高瀬和楠
DF岡庭愁人 篠原新汰 長谷川光基 坂口祥尉
MF横山塁 品田愛斗 小林真鷹 杉山伶央
FW小林幹 原大智

<リザーブ>
GK大本竜司
DF高橋亮 草住晃之介
MF今村涼一 荒川滉貴
FW吹野竜司 吉田和拓

GK、DF、MFのメンバーは前節から変更なし。

前線2枚をFC東京U-23組の小林幹選手と原大智選手に入れ替えて試合に挑みました。

 

長谷川光基選手は、前日のJ3での試合に引き続き連日のスタメン出場。

また、荒川滉貴選手が怪我から復帰を果たして久しぶりにベンチ入りしました。


小林幹と原大智のゴール! 2点リードで前半終了!

13分に小林幹選手のゴールで先制すると、44分に原大智選手の追加点。

2点リードで前半終了します。

2点差を守れずドロー決着

後半はDF陣の裏に抜け出された柏レイソルU-18が2ゴールを奪い同点に追いつかれる。

勝ち越しを狙うFC東京U-18は今村涼一選手を投入してゴールを狙うもスコアは動かず、2-2で引き分けました。

 

試合としては勝てた試合・・だったと思います。

2点リードしていたことはもちろん、追加点をとれたシーンもあったわけでとても厳しい結果になりました。

しかし、リーグは続きますので切り替えて次節の試合に挑んでほしいです。

次節の対戦相手は京都サンガFCU-18

次節のお相手は京都サンガFCU-18。

関西圏のチームですがリーグ編成上の都合でプレミアリーグEASTに組み込まれています。

そのため、公式戦での対戦回数はそこまでありません。昨年のJリーグカップでの死闘は記憶に新しいですね。

 

全選手のうち、4選手が京都翔英高等学校に在学。

その他が立命館宇治高等学校に在学という構成の京都サンガFCU-18。

リーグ戦はここまで2勝3敗という成績です。

■Next game

6月24日(土) 15:30 FC東京U-18 vs 京都サンガFCU-18 @東京ガス武蔵野苑多目的グランド