原大智のゴールで決勝進出!|vs 浦和レッズユース 第41回日本クラブユースサッカー選手権U-18 関東大会決勝トーナメント準決勝

2017年6月4日(日)  FC東京小平グランド(東京ガス武蔵野苑多目的グランド)

FC東京U-18 1-0 浦和レッズユース

 

第41回日本クラブユースサッカー選手権U-18 関東大会決勝トーナメント準決勝。

浦和レッズユースに1-0で勝利して決勝に進出しました。


<スターティングメンバー>
GK高瀬和楠
DF坂口祥尉 篠原新汰 草住晃之介 荒川滉貴
MF小林幹 品田愛斗 小林真鷹 横山塁
FW杉山伶央 原大智

<リザーブ>
GK大本竜司
DF長谷川光基 岡庭愁人
MF今村涼一 久保建英 平川怜
FW吉田和拓

J3リーグの試合が前日になり、物理的にはJ3組も出場できる試合です。

高瀬和楠選手、坂口祥尉選手、小林幹選手、品田愛斗選手がスタメンに名前を連ねました。

J3の優先度が高い長谷川光基選手、久保建英選手、平川怜選手もベンチ入り。出場機会をうかがいます。


原大智選手のゴールを守って勝利! 決勝進出!

一進一退の緊張がある攻防戦。攻撃面ではあと一押しが足りず惜しい場面が数回・・。

後半開始から岡庭愁人選手、平川怜選手、久保建英選手を投入したFC東京U-18は原大智選手が先取点を奪います。

その後は反撃を試みる浦和レッズユースの攻撃を凌いで勝利しました。

決勝の対戦相手は川崎フロンターレU-18

決勝のお相手は川崎フロンターレU-18。

国立西が丘サッカー場で久保建英選手が直接フリーキックを決めたあの試合以来の対戦です。

 

川崎フロンターレU-18の注目選手は背番号13、高校2年生の大曽根広汰選手でしょう。

右サイドや中央から仕掛けるアタッカータイプの選手で柔らかいボールタッチが特徴的。

ドリブルからのシュートなどで今大会直近2試合連続ゴールと勢いに乗っている選手です。

 

試合会場は鹿島アントラーズクラブハウス。

その日はJ3はお休みの週なので選手のやりくりも問題ない・・はず。きっと。多分。

観戦に行ける人は応援に行きましょう!

■Next game

6月11日(日) 13:00 FC東京U-18 vs 川崎フロンターレ @鹿島アントラーズクラブハウスグラウンド