FC東京U-18出身MF山崎直之がオランダで学んだ意識とトレーニング方法とは|中田徹コラム

FC東京U-18出身者でエールステ・ディヴィジ(オランダリーグ2部)のSCテルスターMF山崎直之選手に関するコラムを紹介します。作者は中田徹さんです。

異国での濃い半年間。悩みながらも順応していったナオ。

要点だけ。詳細はURL先を読んでください。

====

3ゴール1アシストを記録してオランダでの1年目のシーズンを終了。

東京学芸大学卒業後、25歳にしてオランダでプロサッカー選手になった。

疲労蓄積からレギュラー落ち。

トレーニング方法や守備の意識を変えて信頼を得てレギュラーを勝ち取った。

====

山崎直之、シーズン終盤に見せた復活劇 オランダ2部での紆余曲折の半年間

出典:https://sports.yahoo.co.jp/column/detail/201706100004-spnavi

やはり言語がひとつの壁になっているようです。

また、チーム事情とはいえアンカー、センターバック、左サイドバックもやっていたとは。

・・まったくイメージができませんね(笑

でも、それだけ引き出しが多くなって今のプレイにも活かされていることでしょう。

 

そんなこんなで紆余曲折ありながらもオランダで居場所を見つけた感があります。

とはいえ、まだ半年間。来季以降の契約でどうなるかはわかりませんがキャリアはこれから。

 

そういえば、山崎直之選手は2017年6月25日に夢の島競技場で開催されたFC東京U-23とアスルクラロ沼津の試合に駆けつけてくれたんです! アスルクラロ沼津も古巣ですし、1年後輩の松藤正伸選手もいますしね。

 

なにはともあれ、今でも山崎直之選手を応援しているFC東京ファンは少なくないはず。

青赤のユニフォームで見せてくれたナオのプレイは絶対に世界で通用する!

Volhoud je maar!! Nao!!!