原大智がとまらない!5試合連続ゴールで決勝進出!|vs 川崎フロンターレU-18 第41回 日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会 準決勝

2017年7月31日(月)  味の素フィールド西が丘(西が丘サッカー場)

FC東京U-18 2-0 川崎フロンターレU-18

 

第41回 日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会 準決勝。

いよいよ“ホーム”と言っても過言ではない東京・西が丘サッカー場に移しての試合となります。

 

試合はFC東京U-18が2-0で勝利。

FC東京U-18のストライカー・原大智選手が5試合連続ゴールとなる2得点を挙げました。

さぁ、連覇まであと1勝!

<スターティングメンバー>
GK高瀬和楠
DF岡庭愁人 篠原新汰 長谷川光基 坂口祥尉
MF品田愛斗 平川怜 杉山伶央 小林幹
FW原大智 久保建英
<リザーブ>
GK大本竜司
DF草住晃之介
MF横山塁 小林真鷹 寺山翼 荒川滉貴
FW吹野竜司

中盤以下のメンバーはセレッソ大阪U-18戦と変わらず。

久保建英選手が先発メンバーに復帰しています。


緊張感のある前半を0-0で終える

夏の平日ナイター。ということでムシムシした環境。

それでも東京都内でサッカーを観戦できる幸せを実感した日でした。

 

試合は準決勝だけあってとても緊張感漂う好ゲームとなりました。

FC東京U-18はボールをもたれる時間帯が長くなるも、その中で決定機をつくりチャンスを狙っていました。

前半は0-0で終了して勝負は後半に。

坂口祥尉が負傷退場も総合力でカバー!

15分が過ぎたところで坂口祥尉選手が負傷。

代わりに杉山伶央選手を投入して、万能型の荒川滉貴選手を左サイドバックに配置。

 

昨年の日本クラブユースサッカー選手権 (U-18)大会ではセンターバックや左サイドバックを務めて優勝に貢献し、今年はFC東京U-18とU-23で試合に出続けた選手がここで離脱することに・・。

得点王へ邁進中! 5試合連続ゴールを記録した原大智!

「はらたいち~ はらたいち~」とつい口ずさんでしまいます。

頭でも脚でも決め続けるFC東京U-18の大型ストライカー・原大智選手の2ゴール!

本日含めて6得点目となり、得点ランキングトップタイに並びました。

  選手名 クラブ名 得点数
1  原 大智  FC東京U-18  6
1  池田 匠吾  ガンバ大阪ユース  6
3  庄司 一輝  アビスパ福岡U-18  5
3  和田 響稀  湘南ベルマーレユース  5
5

 井澤 春輝

 その他多数

 浦和レッズユース  4

残っているのはFC東京U-18と浦和レッズユースの2チームだけ。

得点数は減りませんから、原大智は得点王に最も近い位置にいると言っても過言ではないでしょう。

あとは4得点を記録している浦和レッズユースの井澤春輝選手が得点を重ねるかどうか・・でしょうか。

 ▲原大智選手

次の対戦相手は浦和レッズユース!

次節のお相手は浦和レッズユース。今年4回目の対戦になります、多分。

今年のプレミアリーグではアディショナルタイムに杉山伶央選手のゴールで逆転勝利をしたのは記憶に新しいですね。

 

さて、ついにここまできました。連覇まであと1つ。

応援に行ける人はぜひ現地に足を運んでください! 勝つぞ~!

■Next game

8月2日(水) 18:00 FC東京U-18 vs 浦和レッズユース @味の素フィールド西が丘