小林幹の決勝ゴールで死闘を制す!|vs 浦和レッドダイヤモンズユース 2017プレミアリーグEAST 第11節

2017年8月27日(日)  東京ガス武蔵野苑多目的グランド

FC東京U-18 2-1 浦和レッドダイヤモンズユース

 

高円宮杯U-18サッカーリーグ2017 プレミアリーグ EAST 第11節。

日本クラブユースサッカー選手権決勝で対戦した浦和レッドダイヤモンズユースと対戦しました。

 

タフな試合になりましたが小林幹選手の決勝点を守り切って勝利。

トップチームと違い、浦和レッドダイヤモンズに勝てるFC東京U-18は健在でした。

<スターティングメンバー>
GK高瀬和楠
DF吹野竜司 篠原新汰 高橋亮 荒川滉貴
MF横山塁 小林幹 寺山翼 杉山伶央
FW原大智 吉田和拓

<リザーブ>
GK大本竜司
DF岡庭愁人 長谷川光基
MF久保建英 品田愛斗 平川怜
FW今村涼一

前日に沼津でJ3リーグがあり、この試合も選手の入替えがありました。

寺山翼選手が先発出場。また、J3リーグ組では小林幹選手と原大智選手が先発メンバーに名前を連ねました。

 

ディフェンスでは草住晃之介選手がメンバーから外れて、長谷川光基選手がベンチ入り。

久保建英選手、品田愛斗選手、平川怜選手もベンチ入りしました。


死闘を制してつかんだ勝点3!

試合開始から積極的にゴールを狙っていくFC東京U-18。

杉山伶央選手が流れの中から個人技から先制ゴールを奪うことに成功。 

同点に追いつかれるも、岡庭愁人選手の右サイドからのクロスを小林幹選手が合わせて勝ち越し!

 

特に後半はまさに死闘と表現しても過言ではない展開でした。

全員で守って守って勝てた試合だったと思います。

次節の対戦相手は船橋市立船橋高等学校

次節のお相手は船橋市立船橋高等学校。

前半戦で対戦した際は久保建英選手と小林幹選手のゴールで2-1で勝利しています。

しかし勝率は良くない相手で、今節2位の青森山田高等学校に勝っている相手・・。

厳しい試合になることに違いないこの一戦ですが、選手らを信じていきましょう!

■Next game

9月10日(日) 11:00 船橋市立船橋高等学校 vs FC東京U-18 @船橋市法典公園 (グラスポ)球技場