「またサッカーを楽しくプレーできるように」FC東京U-18DF坂口祥尉‏が退院報告

FC東京U-18DF坂口祥尉選手が自身のTwitterを通じて2017年10月6日に退院していたことを報告。おそらく大学進学すると思われますが、焦らずに治療・リハビリに専念していってほしいですね。

坂口祥尉選手は2017年7月31日に開催された日本クラブユースサッカー選手権大会 準決勝(川崎フロンターレU-18戦)の試合中に負傷退場し、その後の検査で右膝前十字靭帯断裂と診断されていました。

10月6日に無事退院できました。
またサッカーを楽しくプレーできるように、日々精進していきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA