FC東京U-18出身MF久保建英「スペインでは学校のテストはいつも0点だった」|矢島輝一の聞いちゃお

FC東京U-18出身者のFW矢島輝一選手が司会?を務める企画「矢島輝一の聞いちゃお」。初回の橋本拳人選手に続いて、第2回目のゲストはFC東京U-18の後輩・MF久保建英選手でした。ざっくりとですが、内容をテキスト化してみました。

「矢島輝一の聞いちゃお 久保建英編」のざっくり文字おこし

──スペインに渡ったのは何歳の時?
久保「9歳か10歳っすね。」
矢島「その時はもう(スペイン語の)勉強とかして行ったの?」
久保「いや、勉強とかはほぼせずに、スペインに着いてから寮みたいなところで、何人かの外国籍の選手と一緒に・・。それである程度上達したら現地の学校にポイッ!と放り込まれる感じですね」


──スペインに行って、環境の違いなどビックリしたことは?
久保「最初、学校のテストで名前をどこに書けば良いかわからなくて0点が当たり前みたいな」
矢島「学校はFCバルセロナが用意するの?」
久保「提携というか、遠くから来ている人が通うようなところです」


──スペイン語で簡単な自己紹介をお願いします
久保「あんまり難しいのだとミスったら困るので・・。“ Ola! △◆■ Take ¢£%#&□! ” 以上です」
矢島「お~! 凄い(パチパチ」
久保「ありがとうございます。」
矢島「スペイン語って難しいよね?」
久保「輝一くんとかと違って、大学とかではなくスペイン語をスペイン語だけで覚えたので・・そういうの(外国語の授業で教わる型みたいなもの)を気にせずに、みんなが喋っていることを覚えていった、みたいな。そっちの方が多分覚えやすいですね」


──昨シーズンは半年間レンタル移籍していたけれど、そこで成長した部分や考え方が変わった部分などはあった?
久保「チームが変わって、サッカーも変わる中で違いというのは色々ありましたし、また違ったものが見えてきたっていうのもありますし。やっぱりふたつのことを経験できるというのは、ひとつを経験するより絶対経験値っていうのは・・なんか真面目な話になっちゃってるんですけど・・上がると思うので、そういう意味では大きな収穫だったと思います」


──年齢の近い選手が数多くいますが、誰と仲が良い?
久保「ヨシッタ選手」
矢島「ヨシッタ選手(笑) 鈴木喜丈選手ね!」
久保「非常に仲良くしてもらっているっていう感じですね。良い先輩というよりは友達みたいな感じですね(笑) 早く復帰して一緒にサッカーをやりたいです」
矢島「平川怜選手と凄い通じ合っているなというか、お互い見合っているし連携が出来上がっているなって思うプレイが結構このキャンプ中だけでもあって、伸び伸びと平川怜選手がプレイできているし、タケも活きているのかなと思うんだけど、平川怜選手とはやりやすさはある?」
久保「一緒に長いことやっているので、お互いそれなりに特徴がわかっているというか・・。怜は凄く気を遣ってくれるというか、ボールを持ったら自分(久保建英)のことを探してくれるので、自分の方が怜にひっついているというか、出させてもらっているという感じですね。これ初めて言うんですけど、FC東京U-15むさしの試合に初めて行った時に、京増雅仁監督(当時:FC東京U-15むさし監督)が怜のことを呼んで・・。その時は(平川怜選手のことを)全然知らなくて・・ “こいつに好きにやられてくれよ” って言って・・。めっちゃ上手かったっていうのが出逢いですね」

──最近、Instagramデビューをしましたが?
久保「ずっと、始める始めるって言ってたんですけど、これいつか始めるんだったら、今始めようということで。全く使いこなせていなくて・・代表のチームメイトの人だったりがフォローしてくれてもわからないので、フォローしてくれた人はLINEでコメントしてください!」
矢島「(笑)」

──今シーズンの抱負は?
久保「昨年、安パイで5点とか言って1点しか取れていないので、今年はしっかり5点狙っていきたいと思います」

──こういう企画に出ることはあまり無かったと思うけど、今日出てみてどうだった?
久保「輝一くんがMCじゃなかったら出てないですね」
矢島「ありがとう!

2018シーズンの久保建英選手はFC東京のトップチームではあまり出場機会の無かったですが、レンタル移籍した横浜F・マリノスではゴールを決めるなどしていました。おそらく熟考の末に決断したFC東京復帰ですので、今年は久保建英選手の活躍する姿が見たい!