2019シーズンJ1・J3クラブ所属のFC東京U-18出身者(FC東京除く)はこの19名!

そろそろJリーグ2019シーズンが始まります。
今年はどのようなシーズンになるでしょうか。

昨年に続き、FC東京はJ1にトップチーム、J3にFC東京U-23を参画させて挑みます。2019シーズン開幕を控えるこのタイミングですが、FC東京U-18出身者がいるJ1とJ3クラブを紹介します。(FC東京所属者を除く)

今は縁が無く違うクラブでプレイしていますが、FC東京U-18では青赤のユニフォームで戦っていました。試合前の選手紹介や試合後など、シーンに応じて拍手で迎えてみてはいかがでしょうか。

4季ぶりのJ1挑戦となる宮阪政樹など、J1クラブには計7名!

李 忠成 / 横浜F・マリノス

宮崎 智彦 / ジュビロ磐田

三浦 龍輝 / ジュビロ磐田

金 宏栄 / サガン鳥栖の通訳

廣永 遼太郎 / サンフレッチェ広島

宮阪 政樹 / 松本山雅FC

三田 啓貴 / ヴィッセル神戸

今季は7名がFC東京以外のJ1クラブに所属します。昨季はJ1クラブに未所属で、今季J1クラブに所属するFC東京U-18出身者は金宏栄さんと宮阪政樹選手。

金宏栄(キム グァンヨン)さんはプロサッカー選手ではなく、韓国人通訳として今季からサガン鳥栖に加入しています。金宏栄さんはFC東京U-18時代に村田翔選手、常盤聡選手、永露大輔選手らと活躍しました。試合中に韓国籍選手へ指示を伝えるため、味の素スタジアムのピッチ脇に立つ機会はあるのでしょうか?

もう1人の宮阪政樹選手は大分トリニータへのレンタル移籍から松本山雅FCに復帰して、自身4季ぶりのJ1挑戦。FC東京と最後に対戦したのはモンテディオ山形時代の2015年7月19日ですので、それ以来の対戦となります。

昨季から継続してJ1クラブに所属する選手では、注目は浦和レッズから横浜F・マリノスに移籍した李忠成選手。そして、有名外国籍選手の加入で背番号を2度も譲ることになった三田啓貴選手。有名外国籍選手に負けず、試合出場してくれタマ~。

北は盛岡から南は北九州まで! J3クラブには計12選手!

阿部 伸行 / AC長野パルセイロ

岡田 翔平 / ザスパクサツ群馬

岩田 拓也 / ザスパクサツ群馬

井上 亮太 / ガイナーレ鳥取

岩渕 良太 / 藤枝MYFC

阿部 巧 / SC相模原

梅内 和磨 / いわてグルージャ盛岡

重松 健太郎 / カマタマーレ讃岐

佐々木 渉 / カマタマーレ讃岐

佐々木 陽次 / カターレ富山

福森 健太 / ギラヴァンツ北九州

輪笠 祐士 / 福島ユナイテッドFC

今季のJ3クラブ所属選手は計12選手。
J3降格でFC東京U-23と初対戦となるカマタマーレ讃岐には重松健太郎選手、佐々木渉選手が所属しています。FC東京U-18所属当時は互いに「天才」と謳われた2選手。同じクラブに所属して一緒にプレイするとは・・。

また、ザスパクサツ群馬からSC相模原に移籍した阿部巧選手にも注目ですね。昨季のFC東京U-23との試合ではゴールに絡む活躍をしましたし、今年もFC東京U-23相手にやってくれるのでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA