木村誠二とバングーナガンデ佳史扶が今季初勝利に貢献!|FC東京U-23vsヴァンラーレ八戸 2019明治安田生命J3リーグ 第6節

2019年4月13日(土)14:00 @味の素フィールド西が丘
2019明治安田生命J3リーグ 第6節
FC東京U-23 1-0 ヴァンラーレ八戸

FC東京U-18の木村誠二選手とバングーナガンデ佳史扶選手がFC東京U-23の一員として先発フル出場。対戦相手のヴァンラーレ八戸を完封してFC東京U-23の今季公式戦初勝利に貢献しました。

完封勝利に貢献した木村誠二とバングーナガンデ佳史扶

快晴。まさにこの言葉がぴったりの陽気も良く過ごしやすい気候の中で試合は開催されました。FC東京U-23の一員として出場した木村誠二選手とバングーナガンデ佳史扶選手も空と同様に迷いなくプレイできていたのではないでしょうか。

FC東京U-18からは他にも飯塚欣士選手、岡哲平選手、小林里駆選手、宮田和純選手が招集されていましたが出場機会はありませんでした。この試合は珍しく、交代する選手はいなく、先発出場した11名が90分間を戦い抜くという試合でした。

飯塚 欣士ベンチスタート、出場機会なし
木村 誠二先発フル出場
バングーナガンデ 佳史扶先発フル出場
岡 哲平ベンチスタート、出場機会なし
小林 里駆ベンチスタート、出場機会なし
宮田 和純ベンチスタート、出場機会なし

FC東京U-18出身者の出場状況

FC東京U-18出身者では、波多野豪選手、品田愛斗選手、内田宅哉選手、平川怜選手、原大智選手が先発フル出場しました。明日開催予定のトップチームの試合メンバーとして帯同するのか、岡崎慎選手と矢島輝一選手の名前が無かったですね・・。

波多野 豪先発フル出場
平川 怜先発フル出場
品田 愛斗先発フル出場
内田 宅哉先発フル出場
原 大智先発フル出場
2019明治安田生命J3リーグ第6節 FC東京U-23 vs ヴァンラーレ八戸 試合動画・ハイライト

FC東京U-23 長澤徹監督、波多野豪のコメント

FC東京U-23として今季初勝利となった試合後のFC東京U-23 長澤徹監督のコメントからFC東京U-18関連のみ抜粋しました。

得点は1点に終わりました。後半、平川選手が長い距離を走ってゴール前でフリーになる場面。そこではボール保持者がシュートを選択し相手にぶつけるシーンがありました。最後の状況判断について、まだまだの部分があります。勝負の分かれ目となる部分なので技術、センスだけでなくプロで勝ち抜く上では状況判断が大事になる。そのあたりをこれからも鍛えていきたい。
最後に、今日の相手、八戸にはFC東京の育成出身の上形洋介選手が、先日の藤枝には岩渕良太選手、福島には輪笠祐士選手が所属し頑張っている姿に頼もしさを感じました。
彼らも東京の財産ですし、東京の育成出身選手にも注目していただければと思います。ありがとうございました

引用元:FC東京公式ホームページ
https://www.fctokyo.co.jp/u23/game/2019041306

至近距離からのシュートを大きな身体と俊敏な反応でビッグセーブして無失点に抑えたGK波多野豪選手の試合後コメントです。

結果がどうしても欲しかったので、まずはここでしっかり勝って、次のステージに行くことが僕たちの目指す場所なので勝てて良かったです。


--守備面で意識していたことは?
まずは後ろの選手がやられないことは絶対なので、試合前からしっかり声をかけていましたし、その結果がゼロにつながったと思います。良い攻撃をしているときに良い準備をすることが大切だと思うので、そこをしっかりできたので勝てたと思います。


--終盤は押し込まれる時間が長かったが?
(丹羽)大輝さんや(木村)誠二がしっかり体を張ってくれたので防げましたけど、これを続けて、今日の試合が今まで一番最低な試合にして、次はもっと良い試合にしたいと思います。

引用元:J.LEAGUE.JP
https://www.jleague.jp/match/j3/2019/041306/live/#player