FC東京U-18出身のFC東京MF久保建英が秩父宮ラグビー場にて平成&日本人唯一となるゴールを直接フリーキックで決めた!|FC東京vsサガン鳥栖 2019JリーグYBCルヴァンカップGS第3節

2019年4月10日(水)19:00 @秩父宮ラグビー場
2019JリーグYBCルヴァンカップ グループステージ第3節
FC東京 1-0 サガン鳥栖

FC東京U-18出身者のFC東京MF久保建英選手が直接フリーキックを決めました!秩父宮ラグビー場では55年ぶりにサッカーの試合が開催されるという特別な試合でのゴールということで話題性もあったようです。

秩父宮ラグビー場ではあと1試合残されていますが、久保建英選手は2019年4月現在「(秩父宮で)平成で唯一のゴールゲッター」「 (秩父宮で) 日本人で唯一のゴールゲッター」という称号を得ています。

久保建英 試合直後インタビュー文字起こし

■ナイスゴールでした!
ありがとうございました!

■あのシーン、ふりかえってみてください
(太田)宏介くんが赤いスパイクの・・誰かわからないんですけど、相手チームの選手のところが空いてるよって言って。そこに強くボールを蹴れば何か起こると言われて、狙い通り蹴ったら入ったんで宏介くんに感謝します。

※赤いスパイクの選手はイサーク・クエンカ

■フリーキックを蹴る時はご自身で自らいきましたか?
絶対蹴ろうと思っていたんで。あそこで入ってよかったですね。

■後半途中出場でチームを救いました。試合を振り返ってください
雨の中、気温も非常に低く、見てて寒かったですけど良いアップができて、自分のところで流れを変えられたかなと思います。

■次への意気込みをお願いします
この勝ちを日曜日(4月14日)の鹿島(アントラーズ)戦につなげて、首位奪還したいと思います!

■(得点となった直接)フリーキックはどうでしたか?
映像で見てください!

■決めた感想は?
最高最高!久しぶりにインタビューで噛んじゃったくらい最高です!どんどんコメントするよ!今日は!

秩父宮ラグビー場でのゴールは1964年10月20日の東京オリンピック準決勝。ベネ・フェレンツ(ハンガリー代表)以来となるみたいですね。19895日ぶりとのこと。

FC東京vsサガン鳥栖「2019JリーグYBCルヴァンカップGS第3節」 試合ハイライト動画

FC東京U-18出身者の出場記録

岡崎 慎先発フル出場
久保 建英62分途中出場。84分ゴール!

FC東京U-18出身者に関する試合後コメント

久保建英選手がフリーキックを決めた時に、一緒に並んでいた太田宏介選手のコメントです。そこでのやりとりが語られています。

(FKのシーンでは久保選手とどのようなコミュニケーションを)
「自分が一回蹴るふりをして走り抜けるから、空いているコースに速いボールを蹴ってみたらどうかと伝えた。結果として、上手くゴールに結びついて良かったと思う。」

引用元:FC東京公式ホームページ
https://www.fctokyo.co.jp/game/2019041008

今日はなんでも喋るよ!という宣言通りに、結構なコメント量だった試合後の久保建英選手。ゴールのこと、決めた時の気持ち、そして55年ぶりのサッカー開催となった秩父宮サッカー場について語っています。

(ゴールを決めた感想は)
「お待たせしました」


(常日頃からゴールという言葉を口にしていました)
「ゴールを決めたから言えるが、正直やっとだなという気持ち。昨シーズンと比べて格段にいい形を何度も作れていていたので、そのなかでこのような結果に結びついて嬉しい」


(太田選手が言っていたが、あのコースに蹴り込めば決まると思っていたと話していました)


「正直自分はあまり決まるコースではないと思い、どういうキックをしようか迷っていた。太田選手に『ここに蹴ればいいと思う』と言われ、何本もFKを決めている方の経験を借りて決めることができた。あの角度から蹴って決めたことはなかった」


(軌道はイメージ通り?)
「イメージしたコースに蹴ることができた」


(U-18や代表などでは決めていましたが、改めてトップチームでFKを決めたことに関して)
「カテゴリーが変わっても自分の持っているものを信じてプレーするだけだと思うので、そういう意味ではセットプレーから点を取れたという部分では自分の幅が広がったと思う」


(1本目のシュートも非常に惜しかった)
「決めることができず、今日は(得点は)ないかなと思うくらいシュートの感覚がよくなかった。でも、終わり良ければすべてよしかなと思う」


(ゴールを決めて監督の方へ走っていきました)
「0-0で得点が欲しい状況で他にも選手がいる中、1枚目のカードに僕を使ってくれた。その信頼に結果で答えなければいけないと思っていたので、そういう意味での安堵の気持ちと感謝の気持ちがあの行動に表れた」


(特別な感情があったのか)
「昨シーズンの自分に比べて、良くなっていると思うし、多くのことを教えてもらっている。それを自分が吸収できるレベルにはきていると思うので、ここまで自分を使い続けてくれていることに対して結果を出すことができたのは良かった。まだまだこれからだが、さらに波に乗っていきたいと思う」


(秩父宮ラグビー場での試合はどうだったか)
「街中にぽっかりサッカー場があるなと思いましたし、心理的に大きいなという感覚を受けました」


(週末のリーグ戦に向けて)
「このゴールを次につなげないといけない。この波に乗っていけるかどうかも自分次第。また得点を決めたい」

引用元:FC東京公式ホームページ
https://www.fctokyo.co.jp/game/2019041008

FC東京 長谷川健太監督の試合後コメントです。久保建英選手投入時の気持ち、そして選手の成長について語っています。

(久保選手を送り出すときに、どのような指示をしましたか?ゴール後に真っ先に抱ついてきましたが)
「試合前から“一発頼む”と話していて、状況によっては出場すると彼には伝えていた。30分という時間で結果を出してくれたのは、持っている選手だなと。まさかこっちに走ってくるとは思っていなかったので、そのへんは気遣いができる選手だなと思いました(笑)」

(久保選手は身体的にも成長していると思いますが、どの部分に成長を感じますか)
「皆さんと一緒で、すべてがスケールアップしていると思う。どんな状況でも抜ける選手で、リーグ戦でも出場して体力的にも問題ない。フィジカル、持久力も成長しているなとあらためて感じている」

引用元:FC東京公式ホームページ
https://www.fctokyo.co.jp/game/2019041008

2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。