「今までのゴールと違うゴール。勝利につながるのは気持ちいい!」勝点3をもぎとる原大智のプロ初決勝ゴール!|2020明治安田生命J1リーグ 第15節 FC東京 2-1 横浜FC

2020年9月9日(水)19:00
明治安田生命J1リーグ 第12節 味の素スタジアム
FC東京 2-1 横浜FC

FC東京U-18出身者で現在はFC東京トップチームで活躍する原大智選手がチームを勝利に導く決勝点を挙げました! 今季3ゴール目です!

「うまく反応できたのがすべてだったと思います」

ゴールと勝利の喜びもありつつ、トップチーム昇格してからの2年間はトップチームの試合に絡めず過ごしてきた悔しさも入り混じったコメントかと思いました。そして原大智選手は現状で満足しておらず、次を・・その先を見ています。

--途中出場でしたが、追加点がなかなか奪えない状況をどう見ていましたか?

同点の時間が続いていて、交代で入ったときはゴールを狙おうと入りました。

--ゴールの瞬間は?

小川(諒也)選手が持ったら毎回チャンスだと思っている。前でアダイウトン選手が触って、うまく反応できたのがすべてだったと思います。感覚というか、狙っていないんですけど、GKの上をうまく突き刺せたので良かったと思います。

--今季公式戦3点目でチームを勝たせる得点になりました。

今までのゴールと違うゴール。勝利につながるのは気持ちいいですし、僕だけの力だけではなくてたくさんのチームメートのおかげだと思います。

--今日は木村 誠二選手がプロ初先発でした。

最初は自分も心配で見ていましたが、堂々とやっていて、空中戦も勝っていた。素晴らしいプレーだったなと思います。

--田川 亨介選手も得点しました。前線争いは激しいですが?

間違いなく強力な選手がいるので、それはチームとしても良いこと。自分も切磋琢磨してみんなではい上がっていきたいと思います。

--試合ごとにゴールのバリエーションが増えています。

全部のプレーは練習ではできないので、試合に出て発見はありますが、練習してきたパターンもあるので技術的な部分はこういう結果につながっていると思います。

--アカデミー出身で味の素スタジアムで決勝ゴールを挙げるのは夢見ていた瞬間だと思います。意外と落ち着いていますが、気持ちは?

どっちもどっちというか、決めたときはうれしいし、いまもうれしい気持ちがあります。連戦は続くので切り替えないといけないですが、ずっと夢だったのでうれしい気持ちです。プロ1、2年目は悔しい思いをしていて、ホームでは毎回スタンドで見ていて、勝利はうれしかったんですが悔しさのほうが大きかったので、自分が決めて勝つのはうれしいです。

引用元:J.LEAGUE.JP
選手コメント
https://www.jleague.jp/match/j1/2020/090904/player/

Twitterの反応は?

プロ初の決勝点を挙げた原大智選手。もはやトップチームに欠かせない存在になったのではないでしょうか。

昨年くらいから目つきが変わり、まさにゴールを奪う男の眼・・といった雰囲気に。J3得点王の実績と自信はやはり違いますね。今後も期待していきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA