「自信を持って蹴りました」FC東京U-18出身者の福森健太がエグい直接フリーキックを叩きこむ|明治安田生命J2リーグ第19節 ギラヴァンツ北九州2-1アルビレックス新潟

2020年9月13日(金) 19:00
明治安田生命J2リーグ 第19節 ミクニワールドスタジアム北九州
ギラヴァンツ北九州 2-1 アルビレックス新潟

FC東京U-18出身者で現在はギラヴァンツ北九州で活躍する福森健太選手が直接フルーキックを決めました。Jリーグ通算75試合目(多分)となったこの試合でプロ初ゴール!おめでとうございます!

「キッカーは3人いたのですが、蹴らせてほしいと言って・・」

右足で蹴ったボールはポストに当たってゴールイン。これはとても素晴らしい直接フリーキック!

--先制点のプロ初ゴール。FKでのゴールでした。

素直にうれしいです。距離と位置と、自信があったので、キッカーは3人いたのですが、蹴らせてほしいと言って、自信を持って蹴りました。

--1失点で終えた守備に関して。

いつもどおりの前からのプレスを表現した部分と、後半の最後はブロックを作りながらの守備、それからあまりやっていなかった形も後半はあったのですが、試合の中で柔軟に対応できたなと思います。

引用元:J.LEAGUE.JP
選手コメント
https://www.jleague.jp/match/j2/2020/091325/player/

ポルトガルメディアでも紹介

福森健太選手のゴールはポルトガルメディアでも紹介されたようです。世界に轟いたケンタ・フクモリ、これからも攻守で輝いてください!

この長距離ゴラッソに、ポルトガルメディア「Notícias ao Minuto」は「日本から届いた直接FK弾」と見出しを打ち、「ケンタ・フクモリが新潟戦で素晴らしいゴールを決めた」と称賛している。

記事では、「アジアサッカーは世界から見てサッカー界の2部に見られがちだが、毎シーズンにわたり、最もスペクタクルなゴールが何度か生まれる場所でもある」とも説明しており、福森の一撃には世界も驚かされたようだ。

引用元:FOOTBALL ZONE WEB
「日本から届いた直接FK弾」 J2で生まれた“30m超絶ゴール”に海外注目「最もスペクタクル」
https://www.football-zone.net/archives/283368

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA