「例えば武藤嘉紀、安部柊斗とかは・・」FC東京U-18に昇格・加入できる3つの基準を育成部長が語る|アカデミーを知ろう!

FC東京の公式YouTubeで生配信された「アカデミーを知ろう!」という企画の中で視聴者からの質問に答えるコーナーがあり、「ユースに昇格させる選手の基準」についての質問がありました。

回答されたのはFC東京の育成部部長として活躍されている奥原崇さん。

内容は充実の3本立て!

アカデミーに特化したLIVE配信ということで内容もコアなものになっています。奥原崇さん、そしてFC東京U-18出身者で現在は育成部U-12育成担当を務める小泉将来さんが当時を語っていました。

1.アカデミーの年間活動スケジュール

2.アカデミーの過去の戦績と出身選手について
-「〇〇選手の□□時代はこんな選手だった」、「この年代は〇〇だった」など

3.現役アカデミー選手はこんな選手
-「〇〇選手の特徴はこれ!プレースタイルは〇〇選手に似ています!」など

ユースに昇格・加入させる選手の基準は主に3つ

FC東京U-18に昇格・加入する選手に求められていることについて回答されていたので一部をご紹介。

奥原:どんな選手を育てていくのかというフィロソフィーをつくりながらなんですが、ここでお伝えできるとしたら3つあって・・

1.ストロング:強みをはっきりと持っている選手
2.ポリバレント:色んなことのできる選手(強みが無くても全てを80%揃えることができれば、それは凄い選手だと思うので)
3.Win:勝たすことのできる選手

例えば武藤(武藤嘉紀)とかは強みがはっきりしている選手ですし、安部柊斗とかは勝ちに繋げられる。特徴ももちろんあるんですけど、それを2つもっているか3つもっていれば素晴らしいし。そのようなイメージは持って昇格の判断は考えています。

とてもためになる動画でした。その他にも非常に興味深くおもしろう話をされているので、ぜひYouTubeにて本編を視聴いただきたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA