2点ビハインド?なにそれうまいの?悲願の高円宮杯初優勝!|vsヴィッセル神戸U-18 高円宮杯U-18サッカーリーグ プレミアリーグ2017 チャンピオンシップ

2017年12月17日(日)  埼玉スタジアム2〇〇2

FC東京U-18 3-2 ヴィッセル神戸U-18

 

高円宮杯U-18サッカーリーグ2017チャンピオンシップ。

旧大会である高円宮杯全日本ユースサッカー選手権大会時代を含めて3度目の挑戦となった決勝戦。

馬場憂太選手ら、佐々木陽次選手らの代が涙を飲んだわけですが、ついにやってくれました!

 

何も言うことはありません。

いや、一言だけ! おめでとう!!


<スターティングメンバー>
GK高瀬和楠
DF吹野竜司 篠原新汰 長谷川光基 荒川洸貴
MF横山塁 品田愛斗 小林幹 杉山伶央
FW吉田和拓 原大智

<リザーブ>
GK飯塚欣士
DF岡庭愁人 草住晃之介
MF寺山翼 小林里駆 小林真鷹 今村涼一

プレミアリーグEAST最終戦に続いて全員3年生のオーダーで挑むFC東京U-18。

長期離脱していた小林真鷹選手が久保建英選手に代わってベンチ入りしました。


ダメダメだった前半45分間。0-2で折り返すことに...

良さを発揮できなかった前半45分間。

ロングスローからのプレイで失点するとPKを与えてしまい2失点。

ヴィッセル神戸U-18の守備陣が良かったこともあり0-2で前半終了となりました。

品田愛斗、吉田和拓、長谷川光基! 3ゴールで逆転!

後半は岡庭愁人選手と草住晃之介選手を投入。ハーフタイムを挟んで見事に修正してきました。

品田愛斗選手のPK。草住晃之介選手のクロスから吉田和拓選手のヘディング。岡庭愁人選手が蹴ったコーナーキックから長谷川光基選手のヘディングで逆転。

 

特に吉田和拓選手のゴールには感動しましたね!

原大智選手、久保建英選手、小林幹選手などJ3組がU-18の試合に出場する時はベンチ外になることが多かったですが、プレミアリーグEAST終盤戦でスタメンを掴み、この日は貴重な同点ゴールを挙げる活躍!

決して器用な選手ではないですが、最も気持ちが伝わってくる選手なので良い形で終わってくれてよかった!

OBや出身チームからの祝福ツイート

FC東京U-18出身者や在籍者を輩出した少年サッカークラブからの祝福ツイートです。

この結果はFC東京U-18が誕生してから関わってきた選手や関係者による積み上げの成果だと思います。

いつまでも後世に引き継がれますように...。

2017年の終わりは2018年の始まりでもある

プロ契約を締結した平川怜選手と久保建英選手はこの日はスタンドからの観戦。

両名の不在を感じさせず、延長戦までもつれ込む激闘を制することができました。(前半は危なかったですが)

個の力に頼らず総合力で勝ってきた今年を象徴するかの総力戦。2017年はお疲れ様でした。

 

そして2018年。おそらくFC東京U-18はチームとしての新たなステージに挑戦することになりそうな気がします。

トップリーグでの経験が少ない選手が多くどうなるか。この年代は圧倒的に成長するので楽しみでもあります。