初戴冠オクトーキョー!伊藤ロミオからの熊田直紀ヘディングゴールが決勝点!vs京都サンガFCU-18 イギョラカップ2022 決勝

2022年3月21日(月・祝) 14:30 味の素フィールド西が丘
2021年度 第31回国際親善ユースサッカー イギョラカップ2022 決勝
FC東京U-18 1-0 京都サンガF.C. U-18

新春到来を告げるイギョラカップ。決勝まで勝ち進んだFC東京U-18は京都サンガF.C. U-18と対戦して1-0で勝利しました。幸先の良いスタートとなりましたね!おめでとうございます!

東廉太、土肥幹太、熊田直紀・・

■スターティングメンバー
GK 西山 草汰
DF 岡崎 大智 東 廉太 伊藤 ロミオ 永野 修都
MF 土肥 幹太 覺野 慎太郎 小川 雄輝 生地 慶多
FW 熊田 直紀 佐藤 龍之介

新1年生から新3年生までが先発メンバーに入っています。最終ラインは岡崎大智選手、東廉太選手、伊藤ロミオ選手、永野修都選手が並びました。中盤は土肥幹太選手、覺野慎太郎選手、小川雄輝選手、生地慶多選手。前線には熊田直紀選手、そして新1年生の佐藤龍之介選手となりました。

熊田直紀のゴールが決勝点!

伊藤ロミオ選手のアシストから熊田直紀選手がゴール!これが決勝点となりました!今季はこのコンビの活躍で何ゴールを見ることができるのか楽しみですね!

FC東京は前半8分、MF伊藤ロミオ(新2年)のクロスをFW熊田直紀(新3年)がヘディングで決めて幸先良く先制。

引用元:高校サッカードットコム
https://koko-soccer.com/report/2681/2756-2022igyoracup03214

「こっちもプレスの速さとか技術の高さをもっと上げていかないといけない」

課題もしっかりと把握されています。2022年はどういうシーズンになるのか・・楽しみです!

優勝は飾ったものの、内容としては悔いの残るものに。キャプテンを務める土肥が「技術的なミスが結構多かった」といえば、決勝弾の熊田も「シンプルに全然まだレベルを上げていかないとダメ。攻撃でも点は入っているんですけど、2点、3点追加点を奪えないところとか、守備でももっとひとりひとりが局面で勝ったり、こういう蹴ってくる相手に圧迫されないで、もっと前でプレー出来るようにしたい」と課題を口にした。

 2週間後にはプレミアリーグの開幕も控える。土肥は「プレミアリーグだともっと相手の強度だとかパスの精度も上がってくるので、こっちもプレスの速さとか技術の高さをもっと上げていかないといけない。2週間で出来る限りレベルアップして挑みたい」とした。優勝という結果と課題を手に成長し、来たるべき日を迎える。

引用元:高校サッカードットコム
https://koko-soccer.com/report/2681/2756-2022igyoracup03214

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA