1点及ばず3大会ぶりのクラ選敗退|vsアビスパ福岡U-18 第42回 日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会 ノックアウトステージ ラウンド16

2018年7月26日(木)前橋市宮城総合運動場陸上競技場

FC東京U-18 0-1 アビスパ福岡U-18

 

第42回 日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会ノックアウトステージ ラウンド16。

 

選手達は最後まで戦い抜きましたが、残念ながら敗退となりました。

終始押され気味の展開に小さくとも大きな差を感じられた試合でした。

クラブユース選手権で得たものをプレミアリーグEASTにつなげて絶対残留を果たしてほしいです。


<スターティングメンバー>
GK野澤大志ブランドン
DF木村誠二、草住晃之介、湯本創也、
MF角昂志郎、小林里駆、鈴木智也、寺山翼
FW今村涼一、宮田和純

<リザーブ>
G大本竜司
DF高橋亮、大森理生
MF常盤亨太、森田慎吾、天野悠貴
FW芳賀日陽、青木友佑

メンバーを大幅に変更したグループステージ第3節から、またも大きく変更がありました。

GKは野澤大志ブランドン選手が前の試合に続いて先発。

バングーナガンデ佳史扶選手、湯本創也選手、角昂志郎選手、寺山翼選手、鈴木智也選手、今村涼一選手、宮田和純選手らが先発メンバーに復帰しました。


FC東京U-18の現在地

敗戦により、FC東京U-18のクラブユース選手権が終わりました。

プレミアリーグEASTでは対戦しないチームとの対戦により、FC東京U-18の現在地はなんとなくわかったのではないでしょうか。

とはいえ、ベスト16まで残ったことは素晴らしいことです。

そして大切なのは、この夏に学んだことや伸ばしたことをこれからの大会や試合にぶつけていくことだと思います。

ビバトーキョー! タトエヤブレヨウトモ!