2点差追いつくもPK戦で敗退。課題は多く・・|vs三菱養和SCユース 第42回日本クラブユースサッカー選手権(U-18)関東大会 準々決勝

2018年6月2日(土) 東京ガス武蔵野苑多目的グランド

FC東京U-18 2-2(PK:2-4) 三菱養和SCユース

 

第42回 日本クラブユースサッカー選手権(U-18)関東大会 準々決勝。

既に全国大会の出場権は得ていますが、あとは関東大会での順位決定戦でしたがここで敗退。

 

対戦相手の三菱養和SCユースは、今年の新人戦やイギョラカップで共に4失点で敗戦した相手でしたが今回は2-2。

前向きにとらえたいところ、でしょうか。全国大会でやってもらいましょう!

 

そして、観戦者都合として影響あるのが全国大会グループリーグでの試合開始時間。

これまでの流れでは9:30開始は厳しくなる結果となりましたが、さて・・。


<スターティングメンバー>
GK飯塚欣士
DF大森理生 湯本創也 高橋亮 鈴木智也
MF寺山翼 天野悠貴 角昂志郎 森田慎吾
FW今村涼一 芳賀日陽

<リザーブ>
GK野澤大志ブランドン
DFバングーナガンデ佳史扶 
MF横田峻希 常盤亨太
FW青木友佑 宮田和純 久保征一郎

FC Gois戦でイエローカード2枚貰い退場となった草住晃之介選手はこの試合出場停止。大森理生選手が入りました。

翌日にJ3リーグの試合に出場すると思われる木村誠二選手は欠場。バングーナガンデ佳史扶選手はベンチスタートでした。

怪我から復帰した青木友佑選手もベンチ入りしました。


ターニングポイントとしたい試合

前半の出だしは決して悪いものではありませんでしたが、なかなかチャンスをつくることができず。

球際に負け続け、逆に失点を重ねてしまう苦しい展開に。

 

ハーフタイムには佐藤一樹監督の叱咤激励があり、後半開始から3選手交代して挑むFC東京U-18。

積極性を増して攻撃的になり、前半とはまるで違うチームになりました。

 

後半から出場した宮田和純選手のゴールで1点返すと、そのあとも数多くのチャンスを多くつくれるようになりました。

そして、アディッショナルタイムに森田慎吾選手の直接FKが決まって同点に追いつくことに成功。

 最終的にPK戦で負けてしまいましたが、選手の成長を感じられた試合でした。

 

この敗戦を夏に。そして以降の彼らのサッカー人生に繋げていってもらいたいところです。

特に厳しく言われた選手は、それだけ期待されている存在だと思うので見返してやれ!

球際勝負に負けない!1年生DF大森理生!

大森理生選手はFC東京U-15むさしから昇格したディフェンダーです。

この試合でも積極的に球際勝負に挑むなど良いパフォーマンスを見せてくれました。

まだ自身の立ち位置を確保したとはいえませんが、今後大きく羽ばたきそうな期待のひとりです。