FC東京U-18出身MF梶山陽平が現役引退

FC東京U-18出身者で背番号10をつけて戦ったMF梶山陽平選手の現役引退が発表されました。

 

梶山陽平選手と言えば、東京ダービーやリアソールでのミドルシュートが印象的ですね。

トップ昇格後からチームの主力として活躍する姿はとても頼もしかったです。

 

最近ではFC東京U-23で若手とコミュニケーションをとっている姿も印象的でした。

梶山陽平選手の引退でFC東京、そしてFC東京U-18にもひとつの時代が終わった感があります。

それくらい影響力のあった選手ということを再認識した日、でした。

 

お疲れ様でした!

人生の三分の二! 22年間をFC東京で過ごした梶山陽平

このたび、今シーズン限りでの現役引退を決めました。

11歳の時にサッカースクールに入会し人生の三分の二である22年間をFC東京でサッカーをすることが出来て、とても幸せでした。

良い時も悪い時も、ファン・サポーターのみなさんと共に歩むことができ、いつも変わらず応援していただきました。

本当にありがとうございました。

唯一、FC東京での心残りはJ1リーグで優勝出来なかったことです。

ただ近い将来、ファン・サポーターのみなさんと共に必ず優勝できると確信しています。

これからもFC東京を応援していただき、共に戦ってください。

本当にたくさんのご声援ありがとうございました。