「FC東京相手に恩返しというか、絶対に負けたくなかった」小林里駆の決勝点でFC東京に勝利!|天皇杯 JFA第101回全日本サッカー選手権大会2回戦 FC東京1-2順天堂大学

2021年6月9日 18:00 味の素フィールド西が丘
天皇杯 JFA第101回全日本サッカー選手権大会2回戦
FC東京 1-2 順天堂大学

FC東京U-18出身者で現在は順天堂大学蹴球部で活躍する小林里駆選手がFC東京トップチームを破る値千金の決勝ゴール!同じく順天堂大学蹴球部の長谷川光基選手、寺山翼選手も出場してFC東京トップチーム相手の勝利に貢献しました!おめでとうございます!

激闘120分間!小林里駆が試合を決めるPK弾!

長谷川光基選手、寺山翼選手、小林里駆選手は3選手とも先発出場。延長前半終了間際の105分+2分に決めた小林里駆選手のPKが決勝点となりました!

20210609 FC東京 vs 順天堂大学 @味フィ西(5)小林里駆のゴール(PK)【天皇杯】

「最高な雰囲気で、濃密な120分間を戦うことができて幸せでした」

小林里駆選手の試合後コメントです。FC東京との対戦となったこの試合に臨む気持ち、そしてFC東京U-18を卒団してから成長した点などを語っています。

--FC東京アカデミー出身選手として、FC東京相手にゴールを決めた感想は?
PKはもらった人が蹴ると決まっていたので自分が蹴りました。自分は(FC東京U-18に所属していたときに)FC東京U-23の試合に出せてもらったが、そこでゴールを決めることができていなかったので、こうして今日、FC東京相手に恩返しというか、絶対に負けたくなかったので、PKが入って素直にうれしかったです。

--大学に入ってから成長したと感じていることは?
FC東京U-18のときは攻撃の選手で守備のことをほとんど言われていなかったけど、大学に入ってチーム全体で戦う中で絶対的に守備が必要だと再認識して、大学に入ってからは守備でもチームに貢献できるように意識してプレーしています。

引用元:J.LEAGUE.jp
選手コメント
https://www.jleague.jp/match/emperor/2021/060923/player/

選手紹介では長谷川光基選手、寺山翼選手、小林里駆選手の際にひと際大きな拍手が。

20210609 FC東京 vs 順天堂大学 @味フィ西(1)選手紹介【天皇杯】

FC東京U-18出身者の成績

長谷川 光基先発フル出場
寺山 翼先発出場、113分途中交代
小林 里駆先発フル出場、決勝ゴール!

3回戦の対戦相手はザスパクサツ群馬

順天堂大学の次の対戦相手はJ2のザスパクサツ群馬。ザスパクサツ群馬にはFC東京U-18出身者の畑尾大翔選手が所属しています。ちなみに畑尾大翔選手のキャッチコピーは「紺碧の闘将」とのこと。

2021年7月7日
天皇杯 JFA第101回全日本サッカー選手権大会3回戦
順天堂大学 – ザスパクサツ群馬

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA