「自分自身初めての移籍となりますが」FC東京の鈴木喜丈が水戸ホーリーホックに育成型期限付き移籍

FC東京U-18出身者で現在はFC東京トップチームに所属する鈴木喜丈選手が水戸ホーリーホックに育成型期限付き移籍することが公式発表されました。

鈴木喜丈選手は2018年4月に左膝関節離断性骨軟骨炎で離脱し翌5月に手術を実施。2019年4月に左膝関節離断性骨軟骨炎の再手術を実施したりと実戦から遠ざかっている状況でした。

「チームの勝利のために全力でプレーします!応援よろしくお願いします。」

鈴木喜丈選手もコメントされていますが、今回の移籍が初めてとなるのでFC東京以外の雰囲気や考え方等に触れて一回り大きくなって戻ってきてくれることを願っています。

この度、鈴木 喜丈選手がFC東京より育成型期限付き移籍にて加入することとなりましたのでお知らせいたします。育成型期限付き移籍期間は2021年1月31日までとなります。
なお、契約により期間中における当該チーム同士の全ての公式戦での対戦においては出場できませんので、併せてお知らせいたします。

■鈴木 喜丈選手 コメント
「水戸ホーリーホックのみなさま、鈴木喜丈です。
自分自身初めての移籍となりますが、チームの勝利のために全力でプレーします!応援よろしくお願いします。」

引用元:水戸ホーリーホック公式ホームページ
鈴木 喜丈選手 FC東京より育成型期限付き移籍加入のお知らせ
https://www.mito-hollyhock.net/news/p=3749/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA