「選手たちが新たにチャレンジする気持ちやそれぞれの想いを1つにして・・」柴田峡が松本山雅FCの監督に就任

FC東京U-18となっての初代監督である柴田峡さんが松本山雅FCの監督に就任しました。

2017年12月から松本山雅FCのチーム統括本部編成部部長を務めてきましたが、2020年シーズン前に監督就任した布啓一郎さんが解任され、その後任としてチームを指揮することになりました。2020年9月25日時点で松本山雅FCは4勝7分10敗という成績でした。

このたび、松本山雅FCトップチーム監督に、柴田 峡 編成部部長が就任することが決まりました。あわせて、西ヶ谷隆之U-18監督がコーチに就任することが決定いたしましたので、お知らせいたします。
なお、柴田峡監督は、9月25日(金)のトレーニングより指揮を執ります。
■柴田峡新監督のコメント
「今回の監督交代は、強く責任を感じています。
クラブをサポートしてくれている皆様の思いに結果をお見せしないといけないのが我々のクラブです。
次の試合まで大きなことを変えることはできませんが、選手たちが新たにチャレンジする気持ちやそれぞれの想いを1つにして、チームを良い方向に向かわせるように、力を合わせて頑張ってまいります。
皆様の応援をよろしくお願いいたします」

引用元:松本山雅FC公式ホームページ
柴田 峡 監督就任のお知らせ
https://www.yamaga-fc.com/archives/219760

神田文之社長「柴田新監督はつなぎ」

松本山雅FCの神田文之社長は、柴田峡監督の役割は次の監督就任までのつなぎだとを明言したとのこと。次の監督就任後は再びチーム統括本部編成部に戻るか未定とのことです。

 サッカーJ2松本山雅が25日、リーグ後半戦の開始を前に指導体制の刷新を決断した。前半戦で20位に低迷した成績不振を理由に、ともに就任1年目の布啓一郎監督(59)と羽田憲司コーチ(38)を同日付で解任。後任の監督に柴田峡・編成部長(54)、コーチに西ケ谷隆之・U―18監督(47)をクラブ内から起用する人事を決めた。

 運営会社の神田文之社長(42)は同日、松本市内で取材に応じ、1―6で大敗した23日の琉球戦が解任の決め手になったと説明。「(布監督に求めた)強化と育成の両方とも難しいと判断した」とし、24日に本人に解任を通告した。柴田新監督については「つなぎ」と明言。「できるだけ早い段階で次の監督の人選を進めたい」と話し、早ければ10月中にも外部から新たな監督を迎える方針を示した。

 複数の関係者によると、J1での監督経験がある指導者をリストアップしており、今後は具体的な交渉を進めるとみられる。

 柴田新監督は現役時代に全日空と東京ガスでプレー。松本山雅が日本フットボールリーグ(JFL)に参戦していた2011年にコーチに就任し、12〜15年は反町康治元監督の下でチームを指導した。17年12月からは強化を担う編成部長を務めてきた。

引用元:信毎web
山雅、来季見据え刷新
https://www.shinmai.co.jp/news/nagano/20200926/KT200925IWI090020000.php

――後任に柴田(峡)新監督を選んだ一番の理由は?

JFL時代(の2011年)から山雅に携わっている人間で、コーチを経て今は編成部長としてクラブに貢献してくれていました。布監督のそばで一番現場を見てきた強化の人間だと思っています。クラブとしては布さんにここに来ていただいて良い影響も及ぼしていただいたことが多々ありました。その辺はしっかり、そばで見ていた柴田が引き継いでいく必要性があります。また、今後は次の監督の人選もセットで検討していくつもり。この期間は公式戦が続くのでしっかり勝負にこだわりながら、「柴田監督・西ヶ谷コーチ」という体制を決断させていただきました。

――柴田新監督が編成部長に戻る前提で空席にしている?

まだ決まっていません。柴田しかできない役割で繋ぎに入ってもらいました。同時に鐡戸が責任を持ってやるというのも見据えて今年は体制をつくっていました。柴田が現場に近いところの仕事をしてもらうのは、山雅にとって非常に重要な役割。元の役割か違う形かはわからないが、(監督の任を終えた後も)現場に近いところを引き続き見てもらえたらと思っています。

――柴田新監督の来季以降の継続の可能性は?

強化と育成が一番大事。明日(9月26日)のゲームがどんな試合内容か未知な部分ですが、今までの流れを押さえてくれている柴田しかできない繋ぎであるということで、あえてこのタイミングで「暫定的」と表現しているのは、長い目でチームづくりを考えてのことです。極端に言えば今シーズンに移行するタイミングで柴田という選択肢はあったが、そうしなかったのは柴田の適材適所はトップに近いところで外から見てほしいというのがあったからです。しっかり現場を任せられる監督を人選するのがベストだと考えています。

引用元:松本山雅FC公式ホームページ
【一問一答】神田 文之社長(2020.9.25)
http://yamaga-fc.mopita.com/archives/31766

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA