「今になって振り返ると、自分はFC東京に戻るべきだったと思っています」|森村昂太 インタビュー サッカーと、ゼルビアが教えてくれたこと

FC東京U-18出身者で、2021年シーズンは関東サッカーリーグ1部のクリアソン新宿でプレイする森村昂太選手にフォーカスしたコラムがアップされました。

FC東京U-18時代のことは書かれていませんが、森村昂太選手がサッカーを通じて感じたこと、FC東京トップチーム昇格後の選択、FC町田ゼルビアでの気づき、そしてクリアソン新宿への移籍前後のことについてなど書かれています。

アマチュア年代のうちに、そうした経験ができて「サッカーが上手くても、人としてしっかりしていないと豊かにはなれない」「周りに支えてくれる人がいないと、味気なくなる」そう感じていたのかもしれません。偉そうなことを言うつもりはないんですけど、少なくとも自分は、そういうことを大事にしたいと思ってきました。

引用元:クリアソン新宿公式ホームページ
森村昂太 インタビュー「サッカーと、ゼルビアが教えてくれたこと」
https://criacao.co.jp/soccerclub/interview/post-5294/
  • サッカーが上手くても、豊かにはなれない
  • 自分で意思決定することの大切さ
  • 美しいものを自分も追求したい

上記に目次を記載しましたが、本当に読み応えのあるコラムです。クリアソン新宿の公式サイトでアップされていますので、ぜひ全文読んでみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA