「仕事帰りに歩く道のりの景色が、華やかに、きれいに見えるんです」椋原健太が求めた普通の生活とは?

FC東京U-18出身者で昨シーズンをもって現役引退した椋原健太さんのセカンドキャリアについての特集記事がありました。石倉利英さんがお書きになっており、椋原健太さんの今を知ることができるとても面白い記事なので紹介します。

FC東京U-18からトップチームに昇格してセレッソ大阪、サンフレッチェ広島と渡り、最後はファジアーノ岡山で「引退した椋原健太さんですが、現在はカジュアル衣料の製造および販売を行っている株式会社アン・ドゥーの会社員として働いているとのこと。

素敵な出会い、セカンドキャリアについて、元Jリーガーに責任についてなど読み応え十分です。ぜひ原文を読んでみてください!おすすめです!

「多くの指導者の方々に人間として成長させてもらったことが、いまに生きていますね」

FC東京U-18に少し触れていただいているので引用させていただきます。

これまでサッカー中心の生活だったのが一変するわけですが、椋原健太さんがFC東京U-18の頃から発揮していた「気持ちの強さや体力、続ける姿勢」はセカンドキャリアでも活かせると思っています。

「気持ちの強さや体力、続ける姿勢は、社会人になっても通用すると感じます。横浜バディーSCからFC東京のアカデミー、その後のプロクラブでも、多くの指導者の方々に人間として成長させてもらったことが、いまに生きていますね。スポンサー企業に就職するという話は、あまり聞きませんが、自分がダメだったら、サッカーをやっていたヤツはダメだと思われてしまいます。この先に引退する選手に良い道を作るためにも、頑張らなければいけません」

引用元:Number Web
Jリーグ226試合出場、31歳で引退の椋原健太…なぜジーンズメーカーに就職した?「裏地あったかパンツ」との衝撃の出会い
https://number.bunshun.jp/articles/-/848071

「メンタル面で厳しかった世界から解放されて、やっと定住できる」

あと、とても素敵な言葉だなと思ったのでこちらも引用で紹介させてください。

仕事と私生活を充実させて家族と幸せな時間を過ごしているのがダイレクトに伝わってくるこのインタビュー。こちらも幸せを感じてしまうような、そんな素晴らしい言葉です。椋原健太さん、改めてお疲れ様でした!

いつかまた再び青赤のユニフォームを着てサッカーをする姿が見たい!

「いい会社で働くことができて幸せです。メンタル面で厳しかった世界から解放されて、やっと定住できる。いまは心に余裕があって、そうなると仕事帰りに歩く道のりの景色が、華やかに、きれいに見えるんです。こんなに素晴らしいことはないですよ」

引用元:Number Web
Jリーグ226試合出場、31歳で引退の椋原健太…なぜジーンズメーカーに就職した?「裏地あったかパンツ」との衝撃の出会い
https://number.bunshun.jp/articles/-/848071

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA