高瀬和楠がFC東京U-18卒団からアメリカ大学リーグ年間最優秀GKに選出されるまで。そしてこれから・・

FC東京U-18出身者で現在はアメリカのサウスフロリダ大学に留学している高瀬和楠選手に関する記事がありましたので紹介させていただきます。FC東京U-18卒団後の進路について高瀬和楠選手が振り返り、そして今後についても語られています。

「目の前の線路をそのまま進んでいる気がしていました」

FC東京U-18卒団後は異国の地・アメリカでプレイすることを選択した高瀬和楠選手。プロもしくは大学進学してという進路が当たり前に思えてしまい、これまでにあまりない道を模索することにしたとのこと。

 FC東京U-18出身のGK高瀬和楠は2018年に高校を卒業後、アメリカ・フロリダ州にあるサウスフロリダ大学に留学。全米大学スポーツ協会(NCAA)のディビジョン1に相当するアメリカン・アスレチック・カンファレンス(AAC)で戦ってきた。渡米後には怪我に苦しむも、大学ラストイヤーとなった21年シーズンにトップリーグの年間最優秀GKに選出される日本人初の快挙を成し遂げた。中学と高校で日本一を経験していた男はなぜアメリカへ渡ることを選んだのだろうか――。

 現在21歳の高瀬はFC東京の下部組織で育った。U-15時代にも日本一を経験。U-18時代の16年には夏の日本クラブユース選手権と冬のJユースカップ(現・Jリーグユース選手権大会)の2冠達成に貢献するなど常に世代のトップレベルでプレーしてきた。

(中略)

高瀬も卒業後にJリーグや日本の大学進学が選択肢にあったが、「目の前の線路をそのまま進んでいる気がしていました。当たり前の人生を送るのはつまらない」とアメリカへの留学を決意した。

「正直、僕はものすごく運が良かったと思います。これまで全国優勝、日本一というものがそんなに珍しいものではありませんでした。U-15の時にクラブユースで優勝できましたし、1個上の世代も準優勝でした。U-18では、1個上も僕たちの代も2冠を達成しています。生意気に聞こえるかもしれないですが、優勝が珍しい環境ではなく自分の中でそれがすごいことだと実感があまりなかったんです。全国制覇して、そのままプロや大学に進んだ選手を数多く見ていたからこそ、僕の中ではそれが“線路をそのまま進む道”に見えてしまったんです」

引用元:FOOTBALL ZONE WEB
「日本一が珍しい環境ではなかった」 元FC東京U-18高瀬和楠がアメリカへ渡った理由
https://www.football-zone.net/archives/352019

「発信の価値を高めるためにも、将来的にはプロに入って活躍することを目標にしています」

高瀬和楠選手はYouTubeなどのSNSを通じてアメリカでの生活について発信しています。今後はプロサッカー選手を目指しつつも実現したいことがあるとのことです。

「僕のYouTubeを見てアメリカ中学に興味を持ってくれた人もいます。そこでいろいろなことに挑戦できると言っても、そこで僕がプロになって活躍できなければ説得力に欠けてしまいます。発信の価値を高めるためにも、将来的にはプロに入って活躍することを目標にしています」

 高瀬は将来的にプロ選手になることを目指しつつ、今後アメリカ留学を志す学生や選手をサポートする仕組みを作りたいと話している。

引用元:FOOTBALL ZONE WEB
「日本一が珍しい環境ではなかった」 元FC東京U-18高瀬和楠がアメリカへ渡った理由
https://www.football-zone.net/archives/352019
日本人初のアメリカ大学ベストGK賞を獲得した男のスーパープレー集。

石川遼さんの記事で読み応えあります!ぜひ原文を読んでいただきたいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA