FC東京U-18出身MF久保建英が練習試合でゴール!開幕スタメンに向けてアピール|練習試合 vs名古屋グランパス

FC東京U-18出身者の久保建英選手が練習試合でゴールを決めて、2019年シーズンの開幕戦スタメンへ猛アピール中!

2018年シーズンはJ1での出場は限られ、主にJ3リーグでの出場や世代別代表の活動がメインでした。

 

出場機会を求めて、横浜F・マリノスにレンタル移籍して復帰後のシーズン。

FCバルセロナ復帰の噂も囁かれる中、久保建英選手はまず目の前にあるチャンスを掴もうとしています。

長谷川健太監督からの評価も上々!? J1開幕戦に向けて猛アピール!

FC東京の17歳MF久保建英が開幕戦先発へ1歩近づいた。
沖縄キャンプ最終日に名古屋グランパスと練習試合を行い、華麗なゴールを決めた。右サイドでボールを受け、角度のない場所からGK股下を抜く技ありシュート。長谷川監督も「良かった」とほめた。主力組は6ゴールと大量得点。航空機の出発は約1時間遅れたが、2次合宿を最高の形で打ち上げた。

引用元:日刊スポーツ

東京久保建英、技ありゴール締めで開幕スタメン前進

https://www.nikkansports.com/soccer/news/201902090000842.html

J1のFC東京はキャンプ最終日の9日、J1名古屋と練習試合(45分×4本)を実施。2020年東京五輪出場が期待される久保建英(17)が主力組の右MFで先発し、2本目にドリブルからゴールを奪った。23日の川崎との開幕戦(等々力)は先発が有力。17歳8カ月19日での開幕スタメンはクラブ最年少、J1では史上3番目の若さになる。

降ったり、止んだり。南国のはっきりしない天気とは対照的に、FC東京のMF久保のプレーは明瞭だった。練習試合の2本目の8分。右サイドでパスを受けると、DF2人をドリブルで振り切り、左足でGKの股下を抜く技ありシュートだ。

「ゴールという結果でアピールできたのは良かった。ボールを持ってからはシュートしか考えていなかった」

沖縄キャンプ最終日は名古屋と45分×4本の総仕上げを実施。久保は主力組中心の1、2本目で4-4-2布陣の右MFに入った。ゴール以外にも中央からのドリブル突破でチャンスを演出。守っては全力疾走で戻り、相手のカウンターの芽を摘んだ。71分間の出場で存在感を放った。

 

守備に難があった昨季は出番が減少し、シーズン途中に横浜Mへ期限付き移籍。FC東京に戻った今季は成長の跡が見える。長谷川監督は「フィジカルも強くなり、(人の)話を聞くようになった。ゴールもいい形」と称賛。昨季、チームは前半戦で2位につけながら失速し6位。攻撃力向上に向けて「ドリブルでアクセントを付けられる選手がいなかったが、よかった」と久保に大きな期待をかける。

 

「チームに求められることをやるのが選手」と久保も自覚を口にした。23日の川崎との開幕戦に先発すれば、17歳8カ月19日。J1史上3番目の若さで、チームでは史上最年少となる。

「開幕スタメン? 出られたらいい。結果を出している選手が他にいるので危機感はある」

精神的に一皮むけた天才少年。エースとして期待される2020年東京五輪に向けても、ギアを上げる。

引用元:サンスポ

FC東京・久保、クラブ最年少開幕スタメンへアピール弾!

https://www.sanspo.com/soccer/news/20190210/jle19021005030004-n1.html

開幕戦にスタメン出場すれば、J1リーグ史上3番目の若さ!

もし、久保建英選手が開幕戦にスタメン出場した場合、17歳8ヶ月19日となりこれはFC東京の最年少記録となります。

J1リーグとしては稲本潤一選手、菅原由勢選手に次ぐ史上3番目の若さになるようです。

 

■J1リーグ 開幕戦最年少出場記録
17歳 6ヶ月25日 稲本潤一(当時:ガンバ大阪)
17歳 7ヶ月27日 菅原由勢(名古屋)
17歳 9ヶ月26日 原口元気(当時:浦和レッズ)
17歳10ヶ月 7日 市川大祐(当時:清水エスパルス)