FC東京U-18出身DF山岸瑠がウィットルシー・ユナイテッドSCと契約

FC東京U-18から国士舘大学サッカー部に加入していた山岸瑠選手がオーストラリアのウィットルシー・ユナイテッドSCと契約したとエージェントから発表がありました。

山岸瑠選手は今季2人目となる大学新卒での海外挑戦者となりました。

ウィットルシー・ユナイテッドSCとは?

ビクトリア州のウィットルシーを本拠地とするチーム。 ウィットルシーは日本で馴染みのある都市だとメルボルンが近くにあります。ビクトリア州1部リーグに所属しています。エージェント事務所のTwitterでも紹介されているように、昨年までトルコのベシクタシュJKでプレイしていた元トルコ代表選手やオーストラリアのAリーグ経験者などもいるようです。

山岸瑠のエージェントは?

メルボルンに拠点を置く「メルサカ」というエージェント事務所。岡田和貴さんが代表を務める、日本人を始めとしてメルボルンサッカーに注力したエージェント活動をしている事務所のようです。

事務所のホームページに仲介実績として記載されている選手名には、横浜FCU-18から神奈川大学サッカー部に加入した宮川開選手などがありました。

また、永冨弘之選手(ウェリビー・シティFC)や仲島義貴選手(ボックスヒル・ユナイテッド)など国士舘大学出身の選手が2名掲載されていました。山岸瑠選手も紹介等々で利用したのでしょうか。

話は少し逸れますが、仲島義貴選手はヴィッセル神戸U-18出身の選手でキャプテンを務めていたと思います。観戦したのは・・2011年の日本クラブユースサッカー選手権大会決勝で、対戦相手はたしか東京ヴェルディユース、場所は三ツ沢球技場だったと思います。(記憶が曖昧なので間違っていたらすみません)

コメントを残す

CAPTCHA