「一日一日を無駄にしたくない」梶浦勇輝のプロ1年目の目標と将来の夢は?|東京中日スポーツ

FC東京U-18所属で、2022年シーズンからFC東京トップチームに加入する梶浦勇輝選手が東京中日スポーツの取材にてプロ1年目の目標や将来の夢について語っています。厳しいプロの世界に飛び込む梶浦勇輝選手の意気込みが語られています。

「ここから厳しい戦いが始まるという自覚が芽生えた」

何もできなかったから積み重ねて掴んだトップチーム昇格。アカデミーが学んだことをトップチームでもぶつけて、そしてFC東京の中心選手として活躍できるようになるとよいですね!

 ―トップ昇格が決まったときの気持ちは
 梶浦勇輝「うれしかったと同時に、ここから厳しい戦いが始まるという自覚が芽生えた瞬間でもあった。開幕前のキャンプにも参加したけど、そこでは何もできなかった。その後もトップチームの練習や、練習試合に参加させてもらって少しずつできることが増えていった。その中での昇格だったので。うれしかったのとサッカーを仕事にしていく責任感が湧いてきた」

引用元:東京中日スポーツ
【FC東京】梶浦勇輝&安田虎士朗&野沢零温…「昇格トリオ」が語った1年目の目標、将来の夢
https://www.chunichi.co.jp/article/393922

―下部組織で学んだことは
 梶浦「U―15深川に入った当初は体が小さくて体重も軽かったので、体重を増やさないといけないと言われていた。山盛りのご飯を食べたし、今思えば、体がつくれたのもそのときがあったからだと思う」

引用元:東京中日スポーツ
【FC東京】梶浦勇輝&安田虎士朗&野沢零温…「昇格トリオ」が語った1年目の目標、将来の夢
https://www.chunichi.co.jp/article/393922

「将来はFC東京を日本一にしたいし、FC東京と言えば名前が挙がる選手になりたい」

梶浦勇輝選手はリーグカップ戦にて既にトップチームデビュー済み。2022年シーズンからトップチームは監督も代わりますし、1年目からベンチ入りメンバー争いを勝ち抜けるとよいですね!

 ―ルヴァン杯でデビューした瞬間は
 梶浦「味スタでデビューできたことがありがたかった。そこまで3試合でベンチ入りして、間近でプロの選手がどういう気持ちで戦っているかを見られた。デビュー戦は思い切りやろうと思っていた。自分だけの力ではここまで来られなかったので感謝の気持ちを忘れちゃいけないと思った」

引用元:東京中日スポーツ
【FC東京】梶浦勇輝&安田虎士朗&野沢零温…「昇格トリオ」が語った1年目の目標、将来の夢
https://www.chunichi.co.jp/article/393922

 ―将来の夢とプロ1年目で成し遂げたいことは
 梶浦「1年目からスタメン争いに食い込んでいきたい。ライバルは多いですし、下からのスタートになる。そこに食い込める実力をまずはつけていかないといけない。少しずつ出場機会を与えてもらえるように、一日一日を無駄にしたくない。将来はFC東京を日本一にしたいし、FC東京と言えば名前が挙がる選手になりたい」

引用元:東京中日スポーツ
【FC東京】梶浦勇輝&安田虎士朗&野沢零温…「昇格トリオ」が語った1年目の目標、将来の夢
https://www.chunichi.co.jp/article/393922

梶浦勇輝選手の想いを感じることができました。ぜひ原文を読んでいただきたいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA